料金表price

料金表price

得られる満足感は何ものにも変えられません

噛むことは、食事の内容だけでなく、脳の機能や身体のバランス、生活リズムにも影響を及ぼします。インプラント治療の特徴は、噛めることだけにとどまりません。ですから、長い目でみればインプラント治療は決して高額ではありません。インプラント治療を受けた患者様には、精神的に明るくなった、あきらめていたことが可能になったなど、「人生が変わった」と高い満足感をいただいております。また、インプラントは高額医療費の控除の対象ですので、確定申告をすれば税金が戻ってきます。

インプラント料金表(税別)

(1)インプラント体埋め込み(手術費) 1本につき 260,000円
(2)連結部(支台) 50,000円
(3)人工歯(白いかぶせもの) 70,000円~
インプラント料金の例
  • 奥歯を1本喪失したので、
    インプラントを1本埋入した場合
    (1)+(2)+(3)=380,000円
  • 奥歯を3本喪失したので、
    インプラントを2本埋入して人工歯を3本入れた場合
    (1)×2=520,000円
    (2)×2=100,000円
    (3)×3=210,000円
    計830,000円
オプション
CT撮影分析 30,000円
静脈内鎮静法 100,000円
セラミック人工歯(よりグレードの高い白い歯) 1歯につき 40,000円追加
骨増生(骨がうすいところに骨を増やす場合) 骨量・術式により 50,000~200,000円

ワンデイインプラント料金表(税別)

片顎のみ
プレミアムプラン(セラミックの人工歯を使った最高品質)
手術費(税別) 166万円~
最終的な人工歯(税別) 132万円~
合計(税別) 298万円~
スタンダードプラン(標準プラン)
手術費(税別) 166万円~
最終的な人工歯(税別) 84万円~
合計(税別) 250万円~
両顎
プレミアムプラン(セラミックの人工歯を使った最高品質)
手術費(税別) 321万円~
最終的な人工歯(税別) 264万円~
合計(税別) 585万円~
スタンダードプラン(標準プラン)
手術費(税別) 321万円~
最終的な人工歯(税別) 168万円~
合計(税別) 489万円~
ワンデイインプラント オプション
骨増生(骨がうすいところに骨を増やす場合) 骨量・術式により1か所 50,000~200,000円

審美治療料金表

オールセラミッククラウン
100%セラミック素材でできているかぶせ物です。審美性に特に優れています。 1本 100,000円
メタルボンドクラウン
金属のフレームを土台とするセラミックのかぶせ物です。見た目はオールセラミックと変わりありません。症例により選択します。 1本 80,000円
ハイブリッドクラウン
硬質の樹脂(レジン)とセラミックを配合した素材のかぶせ物です。セラミックの強度とレジンのしなやかさを併せ持っています。 1本 60,000円
セラミックインレー
部分的な銀歯をセラミックに置き換える治療法です。天然歯に近い色と強度をもっています。 1本 50,000円
ハイブリッドインレー
硬質の樹脂とセラミックを配合した、詰め物です。セラミックに比べて安価なのが特徴です。 1本 30,000円
セラミックラミネート
歯の表面だけを薄く削り、セラミックを貼り付ける治療法です。 1本 80,000円
ハイブリッドラミネート
歯の表面を薄く削り硬質の樹脂にセラミックを配合した素材を貼り付ける治療法です。 1本 60,000円

クリーニング料金表

クリーニング 1回 3,000円
ホームホワイトニング(片顎) 30,000円
オフィスホワイトニング(1回につき) 1回 8,000円

※1回目のホワイトニングの前にクリーニングを行います。

料金・医療費控除

治療でかかったお金が戻ってきます

インプラント治療でかかった費用は医療費控除の対象となり、税務署への簡単な確定申告でお金が戻ってきます。また、病院までの交通費も控除の対象となります。

医療費控除とは?
医療費控除とは、一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合(年収によっては10万円以下でも可)に適用され、医療費が税金の還付、軽減の対象となる制度です。本人の医療費のほか家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となります。共働きの夫婦で妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できます。医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書等は保存しておいてください。
控除金額は?

※1 控除額の上限は200万円まで。
※2 その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費。
※3 所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。
所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。