ダイレクトボンディングdirectbonding

ダイレクトボンディングdirectbonding

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、レジンというプラスチック素材を歯の表面に塗り重ねて、歯の色や形を整える治療法です。歯の表面を滑らかにしたり、歯と歯のすき間を詰めたり、あるいは歯を白くしたりすることもできます。
短時間で修復ができ、また天然の歯の色を再現できるので、取り組みやすい審美治療と言えます。
また、小さな虫歯を削った後に詰めれば、治療の後がわからない程自然な修復が可能です。

虫歯跡に詰めるレジンには、一部保険適用となるものもあります。安価に取り組めますが、材料となるレジンが限られており、天然の歯とは若干色合いが違っています。ですから、美しい仕上がりを求める場合はダイレクトボンディングが最適です。
ダイレクトボンディングは数種類のレジンを自由に組み合わせることで、患者様の歯の色と同じ様に仕上げることができます。また、セラミックを配合した高品質なレジンですので、強度もあり、美しく自然な治療ができる点で、保険適用のレジンとは違う効果があります。

また、保険の虫歯治療で銀色の詰め物をしている方もいらっしゃるでしょう。強度では申し分ないのですが、口を開けたときに目立つことと、金属アレルギーを起こす可能性があることがデメリットです。この詰め物をダイレクトボンディングに替えれば、目立たずアレルギーの心配も無くなります。(部位や大きさによっては、他の治療法をお勧めします)

保険適用のレジンとの違いは?

保険適用のコンポジットレジンに、細かいセラミックの粒子を混ぜたのがダイレクトボンディングで、ハイブリッドセラミックと呼ばれます。セラミックを混ぜ合わせることによって、研磨すると光沢を出し、天然の歯のような艶を実現できます。また、数種類のレジンを合わせて、患者様の歯と合う色を作ることができます。

強度があり、歯の形の修復もできるため審美的にも美しく治療が行えるのが、保険適用のコンポジットレジンにはない特徴でしょう。

ダイレクトボンディングの治療でできること

審美的に優れたダイレクトボンディングでの治療は、以下のような方に適しています。

虫歯の治療跡を詰める
ダイレクトボンディングは、小さな虫歯の治療に適しています。保険適用で行う治療よりも削る量が少なく、見た目を美しく仕上げることができます。
また、過去に行なった銀色の詰め物をダイレクトボンディングに詰め直して、白い歯にすることができます。

歯の色を改善する
歯を削ることなく、黄ばみや黒ずみのある歯を改善するなら、ダイレクトボンディングを使用できます。変色した歯に、ダイレクトボンディングを塗り重ねて、天然の歯の色に近づけます。虫歯などによって一部分だけ変色しているような歯にも、ダイレクトボンディングは使用できます。

すきっ歯の改善
歯と歯の間に隙間がある方にも、ダイレクトボンディングでの治療は適しています。すきっ歯の治療方法には他にも、矯正治療やラミネートベニアもあり、お口の状態によって適した治療法を選びます。
ダイレクトボンディングで治療が可能であれば、歯を大きく形成することですき間を埋めるので時間がかからず、費用も安く済みます。

歯の形を整える
歯の先端がギザギザしている、生まれつき歯の大きさが揃っていないなど、歯の見た目にコンプレックスを抱いている場合にも、ダイレクトボンディングによって、形を整えられます。歯の表面を滑らかにしたり、大きさを揃えることもできるので、お口全体のバランスを修正できます。
ただし、歯の状態によっては使用できないケースもあるので、そのような方には、他の方法を使って形を整えます。

ダイレクトボンディングのメリットとデメリット

虫歯の治療や、矯正治療に使えるのがダイレクトボンディングです。見た目を天然の歯に近づけられるなどのメリットがある一方で、デメリットも存在します。

ダイレクトボンディングのメリット

  • 通院回数は1〜2回

    必要な部分に、直接塗り重ねたり充填したりします。
    金属や他の素材の被せ物のように、型取りして整形する必要がないので、治療は1時間~2時間ぐらいで終わります。
    他の治療がなければ、通院は1〜2回で終了です。

  • 歯を削るときは少ない量で済む

    ダイレクトボンディングを詰め物や被せ物として使用するときは、虫歯になった部分のみ削るだけでよく、歯を最小限だけ取り除きます。
    金属やセラミックの被せ物のように、歯の健康な部分まで大きく削る必要がないために、歯の健康な部分をできるだけ残せます。
    削った部分にダイレクトボンディングを充填し、歯の隙間も埋めるので、虫歯が再発しにくいというメリットもあります。

  • 歯の形や大きさを整えられる

    歯の形を整える、歯の面積を広げるなどのことも、ダイレクトボンディングで行えます。
    歯の先がギザギザしていたり、歯の表面がでこぼこしていたり、あるいは他の歯に比べて小さかったりする歯を他の歯とバランスよく自然な見た目になるように改善できます。

ダイレクトボンディングのデメリット

  • 歯科医師の技量で治療の精度が変わる

    ダイレクトボンディングは、直接歯の表面に塗ったり詰めたりするので歯の形づくりや色選びで歯科医師の技量が問われます。
    歯科医師の技術や経験によっては、治療後の歯の精度や見た目が変わります。そのため、歯科医院選びが重要になります。

  • 治療できない場合がある

    すべての歯に対し、治療できるわけではありません。
    大きな虫歯や歯と歯のすき間が広いなど、修復範囲が広い場合は他の治療法が適しています。
    また保険治療で使うレジンに比べると強度はありますが、セラミックに比べるとと耐久性が劣ります。そのため、症状によっては
    別の治療法を選択しなければいけません。

ダイレクトボンディングの費用

部位に関わらず 30,000/本

保険適用外のために、自費治療です。

ダイレクトボンディングの平均寿命

ダイレクトボンディングに使用する素材は、レジンとセラミックを配合した、ハイブリッドセラミックと言います。セラミックを混合させるために、レジン単体よりも耐久性が増し、素材の劣化スピードを緩めます。保険商用のレジンは3年程度で変色することが多いのですが、ハイブリッドセラミックであれば、4年~6年ぐらいは維持することができます。

またハイブリッドセラミックの素材開発により、接着力が弱く、摩耗しやすいという問題点が改善されています。耐久性も増しているので、条件が合えば奥歯にも使用できる場合があります。

ダイレクトボンディングでの治療の流れ

ダイレクトボンディングでは、治療前のカウンセリング、必要な方への型取り、歯のクリーニング、充填、最終仕上げという流れで治療が進みます。
それぞれどのように行うか、詳しく見てみましょう。

  1. カウンセリング

    患者様の気になる症状、治療に対しての希望などをお聞きします。
    次に、歯の色と形、歯並びや噛み合わせを確認していき、ダイレクトボンディングについて詳しく説明します。治療でのメリットやデメリット、治療回数、治療時間、費用などです。
    さらに、ダイレクトボンディング以外で可能な治療法も説明します。
    何かわからない点があれば、遠慮せずにお聞きください。
    望む結果が得られるよう、十分にコミュにケーションを取り、患者様と歯科医師とが互いに理解し合っていることが大切です。

  2. 必要な方への型取り

    歯と歯の間の隙間をなくす、歯の形を改善するなどの治療では、型取りが必要なケースがあります。
    多くの場合では、型取りは必要ありません。

  3. 歯のクリーニングやホワイトニング

    歯の着色、歯石付着などがある患者様には、歯のクリーニングや歯石取りを行い、歯を綺麗にしておきます。
    ホワイトニングも希望される方は、先にホワイトニングを行います。

  4. ハイブリッドセラミックの充填

    必要な部分にハイブリッドセラミックを塗り重ねます。
    歯の形を整える場合は、型枠を使用して、デザインした歯の形になるように形成します。

  5. 最終仕上げとメンテナンス

    ダイレクトボンディングでの治療直後は、歯は白くなっています。
    そのために、次の来院時に、色合いの確認、微調整、再研磨を行い、治療した歯の最終仕上げをします。
    その後は歯科医院で定期的にメンテナンスすることで、治療した歯を綺麗に保てます。

ダイレクトボンディングについてよくある質問

ダイレクトボンディングで使用する素材は何ですか?
当院では、ハイブリッドセラミック(グラディアダイレクト)を使用しています。
レジン(プラスチック素材)にセラミックフィラーを配合しており、見た目に美しく、透明感があります。また力がかかりやすい前歯の先端にも使える耐久性があります。(条件が合えば奥歯にも使えます)
高齢者でもダイレクトボンディングでの治療は行えますか?
ダイレクトボンディングの治療に年齢的な制限はありません。
高齢の方でも、歯の色や形にお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。
歯周病ですが、ダイレクトボンディングでの治療は行えますか?
歯周病の進行状態によっては、先に歯周病の治療が必要です。ある程度回復してから、ダイレクトボンディングが適応かどうか判断することになります。
ダイレクトボンディングで歯を大きくできますか?
歯の大きさが通常より小さい歯を矮小歯(わいしょうし)といいます。1本だけ小さかったり、隣の歯とすき間ができたりするため、審美的に気になっている方がいらっしゃいます。治療方法にはその状態によっていくつかあり、ダイレクトボンディングで治療可能な場合もあります。
まずは当院でご相談ください。
詳しく検査した後に、治療方法を決定します。
奥歯の大きな虫歯や銀歯の取り換えにも適用しますか?
ダイレクトボンディングは、基本的に小さい虫歯の治療に使います。
大きすぎる虫歯の治療には別の治療法をご提案しますので、まずは当院でご相談ください。
銀色の詰め物を取り除き、ダイレクトボンディングで白くすることもできます。
この場合にも、大きな詰め物だと、耐久性を考えると適用できないかもしれません。
大きな詰め物には、セラミックインレーなどの治療で白い歯にすることができます。