ラミネートベニアlaminateveneer

ラミネートベニアlaminateveneer

ラミネートベニアとは?

人と会話をするときやニコッと微笑んだとき、白く美しい歯であれば自信が持てますね。そんな理想の歯には、色や形があと少し…と思っている方もいらっしゃるでしょう。歯並びを良くする歯列矯正は時間や費用からいってハードルが高いが、きれいに歯並びを整えたい、とか短時間で前歯を白くしたい、と希望する方にはラミネートベニアがおすすめです。

ラミネートベニアとは、歯と同じ色をした、薄いセラミックの板です。
歯の表面を少し削って、そこに薄いセラミックの板を張り付けることで、変色した歯を元の色に戻す、ホワイトニングで思ったよりも白くならない歯を白くするなどのことができます。
また、先端が欠けた歯を修復する、でこぼこした歯の表面を平らにする、歯と歯のすき間をなくす、なども可能です。
ラミネートベニアは、歯の見た目を美しく改善する審美歯科治療の1つです。

歯にセラミックの薄い板を貼り付けますが、すぐ剥がれるようなことはありません。
セラミックの強度が向上し、接着剤の接着力も高くなっているので、貼り付けても簡単に剥がれることはないです。
短時間で歯の見た目を変えることができるので、歯に対しコンプレックスを持っている方にとっては、有効な治療法と言えます。

ラミネートベニアに適するケース
ラミネートベニアは主に上あごの前歯に使われる治療です。
次のような方に適しています。

  • 変色した歯を白くしたい
  • 少し不自然な歯並びをよくしたい
  • 歯の形を整えたい

ラミネートベニアに適さないケース

ラミネートベニアは、強く噛む力がかかる歯には行えません。歯ぎしりや噛みしめる癖のある方は、避けた方が良い場合もありますので歯科医院でご相談ください。また、大きく歯並びを変えたい方には、矯正治療が適しています。

次のような方(歯)は、ラミネートベニアの治療には適しませんので、他の治療法をご提案します。

  • 奥歯
  • 大きな虫歯がある歯(貼り付けることができません)
  • 歯の生え方が、ねじれたり傾いたりしている
  • かみ合わせに問題が出るほどの歯並び
  • 出っ歯や受け口

ラミネートベニアのメリットとデメリット

歯へのダメージを最小限に抑えながら、歯の色や形を変えられるのが、ラミネートベニアのメリットです。
手軽に行える一方で、デメリットも存在します。

ラミネートベニアのメリット

  1. 被せ物で治療するよりも、歯を削る量が少ない

    歯は削ってしまうと元に戻ることはありません。歯の表面の硬いエナメル質が削られると、細菌感染がしやすくなります。ですから、できるだけ歯を削る量を少なくした方が、自分の歯を守ることができます。
    歯の色や形を改善する治療として、セラミッククラウンという方法がありますが、
    歯の上にセラミックの被せ物を乗せるために、歯全体を大きく削らなければなりません。
    ラミネートベニアを使えば、歯の表面を少し削るだけでよく、セラミックでの治療よりも、削る量を抑えられます。
    噛み合わせもほとんど変化せず、神経を刺激しないために、染みることや痛むこともほぼありません。

  2. 短期間で思い通りの白さになり、色が戻らない

    歯を白くする方法には、ホワイトニングもあります。
    ホワイトニングで効果を得るまでには、最低でも数週間は必要である上、歯の着色が強い人や歯の質によっては完全に白くならない場合もあります。実際に行ってみないと、どのくらい白くなるかわからないのです。また、治療後半年〜1年ほど経過すると、色が徐々に後戻りすることもあります。
    ラミネートベニアならば、セラミックを歯の表面に貼り付けるので、ほとんどの方の歯を思い通りの白い歯にできます。また、色が後戻りすることもありません。
    治療回数は2〜3回で完了し、通常であれば10年程度使用ができます。

  3. 少しの歯並びなら短期間で改善できる

    前歯の歯と歯の隙間をふさぎたい、あるいは歯と歯が少し重なっているのをどうにかしたい、など、ちょっとした歯並びの改善もラミネートベニアで行えます。
    また、歯の先がかけている、前歯が大きいなど、歯の形や大きさのコンプレックスも、短期間で改善できます。
    前歯の気になるところを、矯正治療ほど期間をかけることなく改善し、お顔の印象を変えることが可能です。

ラミネートベニアのデメリット

  1. 少ない量でも、健康な歯を削らないといけない

    本来は削る必要のない歯を、少しとはいえ削らなければいけません。一度削った歯は元には戻らないので、治療する前には、よく考えて慎重に決めましょう。

  2. 歯ぐきが下がったら、再度治療が必要な場合がある

    加齢や歯周病などによって、歯ぐきが下がると、見た目が悪くなる場合があります。
    気になるようであれば、再度ラミネートベニアでの治療を行います。
    この場合は、一度貼り付けたラミネートベニアを剥がして、新しいラミネートベニアを貼り付けます。

  3. 歯が染みる方がいる

    歯の表面を少し削るだけなので、治療後は歯が染みることや、痛みを感じる可能性は低いのですが、患者様によっては染みや痛みを感じる方がいます。
    染みや痛みが酷いならば、神経を抜く治療が必要です。

ラミネートベニアの費用

ラミネートベニアは、審美歯科の一種であり、審美歯科は保険適用外の治療です。
そのために、治療を行うときは比較的高額な費用がかかります。
保険適用外の歯科治療は、使う材料や器材、技術者の手間など歯科医院によって違うため、それに応じて費用も変わってきます。
ラミネートベニアの治療も、医院での設備、セラミックの素材、セラミックを加工する料金などが、治療費に反映されるために、安さで選ぶことはお勧めできません。また、高いほど良いというわけでもなく、おおよその費用相場の範囲があります。
歯科医院でのラミネートベニアの治療実績と費用を照らし合わせて、どこで治療を受けるか決めることをお勧めします。

ラミネートベニアで治療するときの費用相場

ラミネートベニアを使った治療の費用相場は、歯1本につき、5万円~15万円ぐらいです。
周囲の歯の色や形とのバランスを考えるために、1本だけの治療ではなく数本同時に治療を行いますので、費用はその本数分となります。

治療後の保証制度の有無も、治療を受ける前に確認しておきましょう。

ラミネートベニアの平均寿命

ラミネートベニアの平均寿命は、10年~20年と言われています。
厚さが0.3〜0.5mmの薄い板ですが、強度や耐久性があることがおわかりいただけると思います。また接着剤も粘着力の高いものが使用されるので、簡単に剥がれることはありません。
しかし、ラミネートベニアの寿命がすぎれば、経年劣化によって、粘着力も弱まり歯から剥がれることもあります。
長くラミネートベニアを使用していくためには、定期的にメンテナンスは必須です。
接着剤は治療後、4年~5年経つと劣化が始まるので、3年以上経過している方は、メンテナンスを受けましょう。

ラミネートベニアの寿命が短くなる原因
強く噛みしめると、貼り付けたラミネートベニアが剥がれ落ちることがあります。硬い物を前歯で噛みちぎるようなことはしないでください。
歯ぎしりや噛みしめる癖がある方は、気がつかない間に、ラミネートベニアに強い力を与える可能性があるので、日頃から気をつけてください。

歯の面積が狭いと、使用する接着剤も少なくなるので、通常の歯に比べると剥がれやすくなる可能性があります。
また、歯の大きさに関係なく、治療直後は接着剤が安定していないために、違和感があっても、触わったり引っ張ったりしてはいけません。

ラミネートベニアの寿命を延ばすには

ラミネートベニアの治療のポイントは次の2つです。

  • セラミックと歯の表面をフィットさせる
  • ラミネートベニアをしっかりと接着させる

歯の表面をセラミック板にフィットするように少し削り、接着剤でしっかりと貼り付ければ、10年~20年使用することが可能です。
また、歯科医師やセラミックを製造加工する技工所の技術力によっても、寿命は左右されます。ラミネートベニアでの治療経験の多い歯科医院を選ぶと良いでしょう。

ラミネートベニアを前歯に貼り付けるときのポイント

歯並びを改善したり、欠けた歯を補ったり、あるいは歯を理想の色にするには、治療前のカウンセリングで歯科医師にご自身の要望を明確に伝える必要があります。患者様と歯科医師が、同じ治療のゴールを目指すためです。
その他にも、思い通りの歯にするための、ラミネートベニアでの治療のポイントがいくつかあります。

元の歯の色が透けないか?
変色した歯に、セラミック板を張り付けるときに気をつけたいのが、セラミックの材質と接着剤の質です。
ラミネートベニアで使用するセラミック板は、0.5mm前後と薄いために、貼り付けても、元の歯の色が透ける可能性もあります。多くの歯科医院ではその点に留意して治療が行われますが、装着する前に実際に歯に当ててみて透けないかどうか、確認してもらえると良いでしょう。

顔全体のバランスを考えているか
ラミネートベニアは、通常上あごの前歯に施されます。その部分の歯の色や形が美しくなるとともに歯列全体のバランス、歯と歯の噛み合わせ、顔全体のバランスがとれるように、治療の計画を立ててもらいましょう。
ラミネートベニアを使う歯だけが目立つのは不自然です。
治療時には、セラミック板の試し付けを行い、確認しながら施術してくれるような、歯科医院が良いといえます。

ラミネートベニア治療をお考えの方に

ラミネートベニアは短期間で歯の見た目を改善することができるため、患者様にとっては取り組みやすい治療でしょう。しかし、メリット、デメリットをご紹介したように、治療を決定する前に、次のような点についての心構えも必要です。

健康な歯を少し削る
セラミックの被せ物と比べると、ラミネートベニアでの治療では、歯を削る量は少ないですが、健康な歯を削ります。
治療するどの歯であっても、健康で本来は削る必要のない歯なので、削ることに抵抗があるなら、治療するかどうかよく考えた方が良いでしょう。
歯は一度削れば元には戻らないので、将来的に何らかの不自由や不都合が起きるかもしれません。
この点も考慮し、治療を受けましょう。

割れたり、剥がれたりするかもしれない
治療で使用するセラミックは、20年程度はもつとされています。しかし、お口の中で毎日つかいますから、強い力がかかった拍子に、割れたり剥がれたりする可能性はあります。
ラミネートベニアの費用は、1本数万円もするので、再治療となればその費用がかかることも考えておかなければなりません。

歯科医師を選ぶ
ラミネートベニアの治療の精度は、歯科医師の技術力によって、大きく左右されます。
治療を受ける歯科医院を決めるときは、写真付きの症例で治療結果を確認する、口コミを見る、治療を受けた人の意見を聞くなどして、よく検討して決めましょう。

治療費の検討
ラミネートベニアで治療するときの費用は、保険適用外なので、すべて自費です。
歯1本につき、5万円~15万円が相場ですが、通常は2本や3本と、数本合わせて治療します。
支払い方法も含め、検討しておきましょう。
なお、ラミネートベニアは、高額医療費控除の対象外です。

ラミネートベニアの治療の流れ

  1. 初診検査

    初回来院時は、初診として口の中を確認します。
    レントゲン撮影、歯周病チェック、歯型取り、噛み合わせのチェックなどを行い、口腔内と歯について総合的に検査します。
    初回の検査によって、口腔内に問題がないか、ラミネートベニアでの治療はそのまま行えるか見ていきます。

  2. カウンセリング

    検査結果を見て、ラミネートベニアでの治療ができるかどうか決めていきます。
    また他の治療方法についてもお伝えします。
    治療方法について説明するので、わからないことがあれば、何でも聞いてください。
    また、何か要望があれば、遠慮せずに言ってください。
    わからないことはないように、些細なことでも聞いておきましょう。
    また、治療する歯のみならず、他の歯を含めたお口全体、そしてお顔全体のバランスを考えた仕上がりになるよう、歯科医師と話し合いましょう。

  3. 歯を削る

    ここからは、実際に治療に入ります。
    セラミック板を張り付けるために、歯のエナメル質と呼ばれ部分の表面を0.5mm~0.7mm程度削ります。
    削るときには、麻酔を使うので、痛みを感じることはありません。

  4. 型取り

    精密シリコンを使用し、型取りを行います。
    その後、セラミックの色味を決めるために、色合わせを行います。
    ラミネートベニアの完成までには1週間~2週間かかります。それまでは仮歯や仮詰めをします。外れやすいですので、強い力をかけないようご注意ください。

  5. ラミネートベニアを装着

    ラミネートベニアが完成後に、もう一度来院していただきます。
    接着剤を使わずに完成したセラミック板を歯に置いてみて、形や色合い、噛み合わせなどを確かめます。
    特に問題がなければ、接着剤でセラミック板を張り付けて完成です。
    接着剤は、特殊な光を当てることで固まります。
    このように通常は3回ぐらいの来院で、治療は終了します。

  6. メンテナンス

    ラミネートベニアの寿命を延ばすためにも、歯磨きや口腔ケアは、しっかりと行ってください。
    定期的に歯科医院でのメンテナンスも受けていただきます。